サービストレーニング

「お客様のニーズに合わせたオーダメイドトレーニング」

中国の飲食業界は、質と量において目覚ましい発展を遂げています。商品の質を上げるのと同時に、近年ではサービス(ソフト)の向上に力を入れ始めています。今やサービスの質は消費者の獲得と、他店との差別化において欠かせない要素になっています。

DFでは飲食・サービス業のお客様向けに、オーダーメイド方式のサービストレーニングを行っています。

  • 接客マナー
  • サービスの標準化
  • サービスマニュアル作成
  • 日本人顧客向けのサービス
  • サービスの心構え
  • クレーム対応
  • モチベーションの向上
  • 日本料理の基礎知識
  • 講師紹介

    倉科美和

    日本の一流アミューズメントパークホテル、レストラン部門に10年間勤務。スタッフのサービストレーニング講師やマネージャーを担当。東京メトロポリタンテレビジョンの教育チャンネルプロデューサー。

    中国滞在4年目。現地では飲食店のサービストレーニングだけでなく、美容業界や教育業界向けのトレーニング経験もあり。中国と日本文化の違いを理解した上で、店舗のコンセプトに合わせたトレーニングができる。

    モデルケース①日本料理・花田

    テーマ:

    「日本人客を満足させるためのサービス」

    「他店舗展開に向けたサービスの標準化」

    トレーニング期間2019年12月~2020年1月
    回数6コマ、3時間/コマ
    講師倉科美和
    トレーニング対象経営陣、中間管理職 計15名
    (店長、ホールマネージャー、料理長)
    場所花田・鈴蘭店内
    トレーニング内容
    (抜粋)
    接客マナー、日本人を理解する、接客用語、オーダーの取り方、料理・飲み物の提供、開店前の準備、閉店後の業務、クレーム処理、謝罪のしかた、衛生管理

    モデルケース②花和・健康海鮮自助

    テーマ:

    全店舗(天津市内5店舗)のサービスレベル底上げ」

    「スタッフ間のチームワーク精神、モチベーション向上」

    トレーニング期間2019年8月~2019年9月
    回数4コマ、2.5時間/コマ
    講師倉科美和
    トレーニング対象各店舗マネージャークラス
    (ホールマネージャー、料理長)
    場所花和梅江店
    トレーニング内容
    (抜粋)
    「日本のサービスは本当に世界一なのか?」、「引き算式サービス」「臨機応変なサービス」「仕事で一番大事なのは本当に給料なのか?」
    Shopping Basket