中国の飲食・サービス業Q&A

Q&As Support

最も多いのは上海市で、その次が北京、広州と続きます。

以前まで、中国の日本料理屋は広く浅いメニュー構成が特徴でしたが、最近ではラーメンや寿司、揚げ物など、特定のメニューに特化した店が多くなっています。
2014年頃から中国人の訪日旅行ビザが緩和され、数多くの人が日本現地を訪れています。本場の和食を味わったことのある人は、どんどん舌が肥えてきています。

人によって異なります。一番多いのは既存の和食店で働きながら覚えるパターン。もう一つは、日本の飲食店でアルバイトをしている時に覚えたという人。日本料理を教えている料理学校もありますが、全体に占める割合は僅かです。

Shopping Basket